障害者の借金返済記

af9920070813m

50代の障害者の男性の場合、障害者の年金をもらいながら、麻雀などのギャンブルが止められず、麻雀店から「アウト」と呼ばれる借金を重ねて、麻雀で負け続けることが日常になっていました。

店側も暗黙の了解としてそれを受け入れていいたため、本人にとっても不幸なことにさらに借金を重ねる要因になり、またギャンブルに依存してしまったために生活に破たんをきたすようになっていきました。

経済的にも、年金生活には限界があり、食費などの基礎的な金額もギャンブルで全て失ってしまうために、最終的にストレスなどで警察ざたになってしまい、保護観察などの処分になってしまうという例があります。

このような状況は、借金をさらに増やしてしまい、自らの生活を苦しくしてしまうだけです。

なるべく早期に自らの状況を見つめ直し、改善するように意識しなければなりません。現在は、このような男性の場合は、保護観察になれば、経済的にも管理してくれる人が近くにいることになるので、状況はさらに悪化することを防ぐことができます。

無理をしないで、きっちりと管理すれば、余計な負担を少なくすることが出来ますし、安心して対応することが出来るので、非常に生活習慣全体も負担を避けることができます。