生活のずさんさと借金返済記

af9920070813m

20代後半の営業マンの場合だと、生活がずさんであるため、娯楽費やギャンブルで知人から借金をする習慣が身についてしまいました。

パチンコ店で負けた後、麻雀荘で負けて手持ちがないにもかかわらず、通称「アウト」と呼ばれる借金をしてまでゲームをするようなことが習慣になってしまいました。

私服でこれらの娯楽をしていることも平日にも関わらず多く見受けられるようになってしまい、営業マンとしての資質も問われるようになってしまいます。

そのような本人にとっては非常にデメリットばかりの状況でもなかなか、そのような習慣を抜け出すことが出来なくなってしまっています。

なるべく、そのような状況は早期に解決するようにしなければ、ますます状況が悪化してしまうことは間違いありません。

何がその人の状況を悪化させていることなのか、自分で冷静に見つめ直し、ギャンブルの借金をしないようにすることが大切です。

そのような状況を作り出してしまったことが、自分のだらしなさから生み出されている、ということを認識しなければ、状況がひどくなるばかりになるので、決して望ましい状況ではないといえます。ぜひ、そのようなひどい状況を改善するようにしてください。